なぜ、リース?

リースには多くの利点があります。

30%

"はリースでの導入でした アメリカで取得された機器のうち"

ギャラップの調査によると

80%

“80% アメリカの中小企業 がリースを導入しています。 また、フォーチュン誌掲載のアメリカの上位500社の”

ギャラップの調査によると button

世界では

1兆米 ドル超

2015年「ワールドリーシングイヤーブック」によると、上位50カ国のリース取引量は1兆米ドル超です。

日本では

500億米ドル

「日本リース事業協会」によると、2015年の日本国内での

リース取引量合計は500億米ドルです。

一方、ベトナムでは

6 億米ドル

「ベトナムリース事業協会」によると、2015年のベトナム国内でのリース会社のファイナンスリースの合計残高は6億米ドルです。

ベトナムのリース市場は小さいと思いますか?私たちは大きな潜在市場があると思います!

なぜリース?

リースは、中長期ファイナンスです。これは現在、世界で最も急成長中で、最もポピュラーなファイナンスの1つです。 どうしてですか?

設備投資資金と運転資金の代替手法となるからです。

リースは、財務内容(短期および長期借り入れ)に影響を与えることなくまた、手持ち資金を温存しながら、新しい機械・機器を取得するのに役立ちます

つまり、運転資本を温存し、効果的なキャッシュフローを生み出すことができます。

そして、銀行からの借入枠に影響を与えずに、借入以外の資金調達手段となります。

リースは、銀行からの借入枠を温存することで、運転資金を効果的に活用することができます。ビジネスの成長と生産の拡大を確実にするために、必要な資産を取得することができます。

リース期間を柔軟に設定できます

リース期間は、資産の耐用年数に基づいてフレキシブルに対応することができます。その結果、財務状況に見合ったリース期間を選択することができます。

管理業務の合理化

リースでは、注文、輸入、登録、税金と手数料の支払い、定期的なメンテナンスなど、自社で購入した場合の資産に 関連する煩わしい手続きを軽減することができ、管理業務や人件費の削減につながります。

売上高の増加

メーカー様、販売店様またはディーラー様の場合、リースは物件代金の回収リスクを心配する必要はなく、お客様にに新しい販売方法を導入することで売上高を 増やすのに役立ちます。

リースは柔軟で実用的で費用対効果が高いです。

本支店所在地
(アクセス)

20th Floor, Vincom Tower A - 191 Ba Trieu street, Le Dai Hanh ward, Hai Ba Trung district, Ha Noi

Email:

Tel: 84-024-3974 3838

Fax: 84-024-3974 3939

5th Floor, 271 Nguyen Van Linh, Vinh Trung Ward, Thanh Khe district, Da Nang City

Email:

Tel: (0236) 384 9759

Fax: (0236) 384 9749

472-472A-472C Nguyen Thi Minh Khai, Ward 02, District 3, Ho Chi Minh City

Email:

Tel: 84 -028-3835 6666

Fax: 84-028-3835 0067